手を繋いで文化は廻る

備忘録であり、日記帳であり、好きな事を好きな様に言う為だけに存在しています。ビジネス、音楽、漫画、アニメ、自己啓発、スポーツ、etc...更新頻度重めです。

日本対ベルギー戦を終えて〜ビューティフルルーザー〜

 

 

勝てるとは思っていなかった。

けれど、こんなに善戦するとは…

誰がこんな日本代表を想像しただろうか。

いや、もしかすると日本の大多数の人間が見たかった一時の夢なのかも知れない。

 


結果から言えば、

ベルギーの個に頼った戦術もクソもないパワープレーに負けた。

サッカーが出来ていたのは紛れもなく日本だったと、世界中が認めている。

 


チームとして、

ベルギーが嫌いでも日本が好きでもなく、

なんなら推しはクロアチアだが、

開始数分で分かった。

日本のプレッシングやビルドアップは、

力強く丁寧で、

四年前の相手をリスペクトし過ぎる萎縮した日本はそこにはいなかった。

 


FIFAランクというモノサシだけで判断すれば約20倍の戦力差の相手を前にして、

鉄のカーテンを敷く事もなく、

タフな試合をしていた。

 


これが数ヶ月前まで61位のチームの試合だっただろうか。

 


ハリル体制の時にはダブルボランチカミカゼ脳筋ボールハンターで長谷部がいつもケツ拭きをしていた。

 


いくら整える事が得意な長谷部でもお手上げな中盤だった。

 


ボランチの一枠を遠藤引退以来空いたゲームメーカー役で柴崎が埋めた事と、

ブンデスポストプレーに磨きをかけた大迫がいる事で、

うどんがKAGAWAに覚醒。

 


更にセレッソ時代からの盟友でバルサから2点とった円熟ドリブラー乾、

献身的にサイドを上下動できる原口、

ネイマールさえ止める酒井、

行く先々で慕われるコミュ力お化け長友、

プレミアで地位を築いた吉田。

本田は、……まじケイスケホンダ。

 


役者がそろい、

システムも4231。

ブラジルの時とは違う、

単なるベスメンを並べただけのチームでない事は、パラグアイ戦で証明した。

 


3バックにした時は、

流石にフランクフルトに寄せ過ぎと思ったが、しっかり適材適所に配置したと思う。

時間さえあれば、それも面白いシステムではあったが、ザックでさえ諦めたのだから、却下は妥当だっただろう。

 


人選は高齢JAPANと揶揄されもしたが、

修羅場を幾度もくぐってきた経験値には、能力だけでは太刀打ちできなかったのではないか?

 


自分より遥かに上手い選手の中で揉まれた猛者より勝る選手などいない。 

 

 

 

試合内容はもう細かく言う必要は無いだろう。

 


90分火事場の何とやらで走り過ぎてへばり倒していた。

勝てるとすればPK次第な所もあったが、

あの高速カウンターは止められようも無い。

 


ドラマとしては正に完璧なカタストロフであったし、花は散るから美しいといったもののアワレさは如何にも日本らしい散り方であった。

 


壮絶な打ち合いと各所で話題にあがるが、

個人的には、ボクシングの殴り合いの様な感じでなく、真剣の居合いの様な試合であったと思う。

 


お互いがジリジリと冷静に勝機を伺い、

刹那、94分のベルギーの一太刀。

 


先に剣を出した日本が、かわされ、

カウンターで斬られる。

 


そんな所を想像してしまった。

 

 

 

これまでの流れを見るに、

電撃解任、二戦負け、色んな負の要素で、

自らをどんどん逆境に追いやり、

挑戦者の気概で、チームを一枚岩にしたからこそ、

組織として強固なものになり、

今回の試合まで行けたのでは無いかと思う。

日本代表全員がケイスケホンダ化したのかもしれない。

 


空気という科学的で無い抽象的な表現でしかないが、

ハリルの時はとにかく歯車が噛み合ってない気がして、空気も悪そうだった。

 


西野監督に変わってからは、

実際には3戦目からだが、

たしかに空気が明るくなった気がした。

実際に長友の髪の毛は明るくなっていた。

 


あのムードを戦略的に作り上げたのであれば、代表各関係者とメディアによるものだろう。

 

 

 

結局西野監督の今回の手腕は、

選手の能力ありきで、

再現性がないとの見方もあるが、

もう一つ抽象化して、

ベースとなる選手を選び、戦術などの側も当てはめる。

そしてそれぞれのパーツを適選していく、

というスキームがあったので、

これは考え方としての再現性はあると思う。

結局人ありきなのはどこも同じ。

 


ハリルはトップダウン方式で、

西野監督ボトムアップ方式だったと言うことも、

チームとしての結束を高めたのではないか?

 


なんにせよ、

今回の結果だけを見れば確かに一勝一分二敗。

その一勝も相手が10人だったからという厳しい見方もある。

 


いや、ワールドカップ優勝を本当に目指すのであれば程遠い結果である。

 


だが、

未来の日本代表に僅かな希望を与えたことだけは確かではないか。

 


四年後、カタールでは、

期待の新星が丁度良い年齢になっている。

 


少しだけ期待してみてもいいのではないだろうか?

時間は未来から流れている

時間は未来から流れている。

 


そもそも時間という概念自体人間が作り出したものでしかないのかもしれません。

 


しかし西から登ったお日様が東へ沈む様に、地球が回っているという事はバカボンのパパでも知っている事実であります。

 


少なくとも、人間が生まれて、そして死ぬという事はこの世界のプログラムに組み込まれています。

 


冒頭に戻りますが、時間は未来から流れる。

イメージ的には上流からの川の流れに対面しているかんじでしょうか?

 


この考え方は心理学的にはフロイトの考え方とは逆で、ユング的な考え方に近いです。

未来の自分の為に、故に、今の自分が形成されている。

過去があったから今の自分があると言った、フロイトやジェームスアレンの、トラウマや、原因と結果の法則の考え方が刷り込まれがちですが、例えばアドラー心理学では、事象は過去ではなく未来から作られると主張しています。

 


アドラー心理学は言わばプロファイリング的な、自分がこういった状況になって欲しい、理想の未来を形成したいという動機によって今があるという考え方です。

 


トラウマという概念も無く、

と言うのは、過去にトラウマになり得る様な出来事があったとしても、それをトラウマと取るかどうかは本人次第であり、例えばAという事象が発生したらBという選択肢しか無い。と言う事はあり得ないからです。

 


シビアな話かも知れませんが、

例えば他人からイジメられたという行為によって、

誰しもが引きこもりになるとは言えない。

倫理的な観点は抜きにして、逆にいじめ返す事も、外に出ずっぱりになる事も有り得るのです。

 


なので、引きこもりになる動機、例えば面倒な人間関係から抜け出したい、両親から前より優しくして欲しい、四六時中家でゆっくりしたい、アバウトですがこういった動機が存在する。というのがアドラー心理学の中の一つの考え方です。

 


各々心の在り方は違うので、

事象による結果は様々です。

 


話が逸れました。

 


何が言いたいかというと、

過去の自分が自己を確立しているわけでなく、

未来の自分に今の自己が辿っている。

という見方もできるわけです。

 


と、いうか自覚の有無はさて置き、

人間は理想の未来に行き着くための選択肢を取り続けています。

 


こんなはずではなかった。

という現状があるのなら、

それはホメオスタシスのフィードバックにズレが生じているだけであり、

では、どうあるべきだったのか?

と、ホメオスタシスを修正すれば良いだけである。

 


行動や思考や言葉、

特に言葉の力は絶大で、

自分を生かすも殺すも言葉ありきです。

そのくらい言葉に気をつけていなければ、

自分にとってマイナスな言葉を吐いて、

日々を無駄に浪費しているかもしれません。

 


将来あなたはどんな自分になっているでしょうか?

 


未来の自分を手繰るのは貴方自身でしかなく、他者ではありません。

 


時の流れに身を任せるのも一興だとは思いますが、人には流されぬように。

 


貴方の時間を過ごしてください。

 


では、また!

 

自由とは納得した選択肢を取り続けられる事である

 

T.I.という僕と友人でやっているpodcastで、

迷走王ボーダーと言う漫画の話をしていて、

また読みたくなったので読み返しており、

自由についての台詞が多々あるので、

自分も真の自由について考えてみました。

 

結論、タイトル通りに至るのですが、

どんな仕事や生活を送っていようと、

その日々が自分にとって納得のいっている選択肢のみで行われているのであれば、

それこそが真の自由であると思うのです。

 

勿論、ミルの説いた功利主義や、幸福追求ゲームを営む一般的な自由、危害原理などをベースとして考えている。

 

噛み砕いて言えば、

道徳と法律上で規制された範囲で、

自分の理想を貫き通す事こそが真の自由であると言う話である。

 

 

貴方は、現状の日々に不満は無いだろうか?

僕にはある。

 

僕ほど自分の生活リズムを重視し、やりたいことしかやりたくないという自由大好き人間もなかなかいないと自負があるが、

 

それでも今の生活が果たして上記の自由であるかと言われれば答えはNOである。

 

お金と時間に関して言えば、

月の収入の生活のボーダーライン+αを稼ぐのに、

約220時間は要している。

 

それ以外は音楽活動やPC作業や、人付き合いに当てているので、

週の殆ど、特に平日はろくに睡眠時間もない。

 

8時間以上の時間、長い時は17時間程働く事もあるが、時給は安いので、側から見ればワーカホリックでしかない。

 

まぁこれは実際の所、労働自体は苦ではなく、

コンディションを整えられないのが苦であるだけだ。

 

そう言った面では自由には程遠い生活だが、

好きな仕事を選んでいるので、

精神的には割と自由だ。

 

いくら金払いが良かろうと嫌な仕事をしているよりかは長期的に見ると遥かによい。

 

嫌な仕事に責任までついてきた過去と比べれば、未来は幾らか明るく見える。

 

高時給や高待遇の裏にはそれ相応のリスクが孕んでいる。

 

心や身を削ってまでやるべき仕事など、

本当は何一つとしてない。

 

 

井上の身の上話も退屈であろうから、

納得した選択肢の話に戻ろう。

 

 

誰しも日々の生活があると思うが、

貴方は今の生活に納得しているだろうか?

 

納得いかない事柄はなんだろうか?

(納得いかないは不満と言い換えてもよい)

 

時間的自由か、精神的自由か、金銭的自由か?

あるいはまた別の自由か?

 

それは、何処が問題となっているだろうか?

 

問題があるとすれば、

どうすれば解決出来るだろうか?

 

こういった質問を自分に投げかける事を、

セルフコーチングと言ったりもするが、

自分の理想の人生を歩むためには、

こう言った思考プロセスを経なければ、

行動に移らない。

 

上記のような質問に納得のいく答えが、

自分の中で出ないようなら、

自分の理想に近い生活をしている人の話を聞いたり、本を読んだらして見ると捗る。

 

間違っても自分の理想と程遠い人からアドバイスをもらってはいけない。

 

その行為は、アメリカに行きたいのに、

サウジアラビアに行こうとするようなものだ。

 

また、これに絶対の解は存在しない。

1人1人違う花を持つと歌われたように、

ザックリとした枠組は同じでも、

詳細なディテールは違ってくる。

 

だから、

結果誰かと同じになってしまってもよいが、

自分に問いかけ、

自分で見つけ、決断した道でなければ、

この人生に納得する事は出来ないであろうし、

自由にはならない。

 

ここまでが、

自由とは納得した選択肢を取り続ける事であると言った理由である。

 

何か思う所あれば、

感想ください。

 

ではまたどこかで。

 

f:id:rikiyafrt:20180627125713j:image

 

 

ASAHIのDutchでのライブ

f:id:rikiyafrt:20180625154146j:plain

 

昨日は日本対セネガル戦で湧きましたが、

その数時間前、ASAHIでライブでした。

 

SNSで散々感想言いまくったので、

もうこれを書くときには何も思い浮かびません笑

なので、散りばめた文章をまとめていこうと思います。

 

 Twitter

 

facebook

 インスタ。

 

昨日のライブの様子のダイジェスト。_ アドリブが良い方向に転がって、お客さんも盛り上がっていただいて、やってて楽しかったです。_ _ 月並みではございますが、 昨日のdutchのスタッフの皆様、来て頂いたお客様、演者の皆様、 楽しい時間を共有していただき有難うございました。また!_ _ フルサイズはYouTubeにて_ https://youtu.be/cVuQYHefxzU _ _ #ASAHI #live #livebardutch

Rikiya Inoueさん(@rikiya.ino)がシェアした投稿 -

 

こんな感じですね。

散々SNS文章内にリンク飛ばしまくってますが、

一応直動画貼っときます。


【LIVE】ASAHI @Live Bar Dutch 2018.6.24.

 

【LIVE】ASAHI @Live Bar Dutch 2018.6.24.

(Set List)
1.Free style jam 1
2.Hawaiian Blue
3.Free style jam 2
4.Free style jam 3
5.少年
6.走馬灯
7.叫んでいます

【ASAHI】
大阪を拠点に活動する五人組。
ポリバレントな楽器陣に無垢なmakiの等身大のLyricをのせ、
ブラックミュージックを主軸に置きながらも、
ルーツの異なる五人の個を昇華した色彩鮮やかな和製Hip-hopを体現。

「Official site」
https://asahibandco.wixsite.com/official

 

もし気に入ったらライブなり音源手に入れるなりしてみてください。

今回はこんな感じで。

また!